青森とプロテオグリカンの密接な関係「あおもりPG」って何?

「あおもりPG」とは?
弘前大学が開発した技術により抽出されたプロテオグリカンのことで、原料はサケの鼻軟骨です。

今では、プロテオグリカン配合のサプリメントやコスメ商品があふれています。

プロテオグリカンは、美容、関節、生活習慣病… とさまざまな分野で注目され、現在も次々とその新たな効果や商品化を実現させるべき、研究開発が盛んに行われています。

 

でも、このプロテオグリカンって、いったいいつ発見されたの?

少し前までは、ほとんど聞いたことがなかったような…

どうして急にこんなに世の中に関連製品があふれるようになったのだろう?

そこには、実は本州の果て青森県で、奇跡の物語があったのです。

~ 青森とプロテオグリカン ~

一定構造様式の糖たんぱく質がプロテオグリカンと名付けられたのは、何と1970年。

今から47年も前なのですね。当時から注目されていましたが、熱に弱く効率よく抽出することができなかったため、製造コストが何と1gあたり3千万円!! しかも有害な試薬を使う方法しかなく、商業利用は不可能とされていた「夢の成分」だったのです。

そのプロテオグリカンが現在のように身近になったのは、青森で奇跡が起きたからなのです!


青森県内では、青森県産業技術センターが中心となって農林漁業資源から新たな有効成分を探す研究が行われており、1990年にプロテオグリカンがサケ鼻軟骨に高濃度で存在することが分かりました。

もともとほとんど捨てられることも多かった鮭の頭が有望資源になれば、新産業の勃興も夢ではないと弘前大学の高垣教授を中心に研究が開始されました。

しかし加熱せずにプロテオグリカンを抽出する方法が見つからず、苦難の日々となります。
そして鮭の頭部軟骨を酢に漬けて柔らかくして食べる郷土料理「氷頭なます」にヒントを見つけたのです。

「柔らかくなったのは、プロテオグリカンが溶け出したからではないか…」と。しかも、こんなに身近な調味料である「」で!

酢酸で抽出ができるのでは…と思いついてから研究は飛躍的に進み、とうとう2000年、弘前大学が低コストで大量かつ高純度のプロテオグリカンを抽出する技術を確立しました。しかも食用酢酸とアルコールだけを使っているので、人体への害は全く心配ないのです。

青森でプロテオグリカンが誕生した奇跡の瞬間です。

「あおもりPG」は人にも自然にも安心安全な製法


現在、利用できるプロテオグリカンは、(株)角弘・プロテオグリカン研究所の近代的な施設や設備で工業的に抽出精製されています。

しかし、今も氷頭なますの調理手順そのままの、粉砕した鼻軟骨を濃度4%の食用酢酸溶液に数日間漬けこんでプロテオグリカンを酢に溶け出させる...という工程は変わりません。

つまり、青森で生産されるプロテオグリカン「あおもりPG」は、人にも自然環境にも安心で安全なものなのです。

 

プロテオグリカン研究、製造の拠点として飛躍をつづける青森

このような地道な研究を重ねて奇跡的に誕生した「あおもりPG」。

現在も、弘前大学や青森県産業技術センターにおいて、新たな効能や産業への応用化などの研究が進められています。

研究の拠点となる弘前大学を中心に「プロテオグリカン・バレー」とでも呼ぶべき産学官共同の研究・産業クラスターが青森県に形成されようとしています。

アメリカの「シリコンバレー」に迫ろうということのようです。

この「あおもりPG」や関連の製品のブランド化を目的に「一般社団法人あおもりPG推進協議会(※1)」が設立され、さまざまな活動をしています。その1つに含有量などの基準をクリアした商品には「あおもりPGブランド認証マーク(※2)」の使用を許可しています。

弘前大学を中心に青森とプロテオグリカンの間には密接な関係があり、これからもどんどん深まっていくでしょう。

 

(※1) 「一般社団法人あおもりPG推進協議会」はプロテオグリカンの製造又は「あおもりPG」を使 用した商品の製造及び販売を行う個人又は団体等で構成され、会員数は83(平成29年3月末現 在)。

(※2) 「あおもりPGブランド認証制度」は、「あおもりPG」を使用する「安心」「安全」なPG商品 を当協議会が認証する制度です。(※1)

認証商品には「あおもりPGブランド認証マーク」を付けることができます。

プロテオグリカンによる産業振興


産学官が連携した取り組みによって、「あおもりPG」を活用した化粧品などの美容分野や、健康食品などの健康分野とさまざまな分野において産業創出が進み、平成28年9月末までのPG関連の産業への参入企業は65社となっています。県内の企業を中心に化粧品や健康食品など247品目が発売され、製造累計出荷額は何と約120億円に達しています。

青森とプロテオグリカンの密接な関係


本州の果て青森県でこのような奇跡が起こり、日々最先端の….世界レベルの研究開発が行われているなんて、知っていましたか?

何十年にもわたり、あきらめずに研究を続けた結果、その土地ならではの料理法からヒントを得て、その開発に成功し今に至る… 現在、美容、健康、生活習慣病… とあらゆる分野で日本中、いや世界でも注目されているプロテオグリカン。その歴史は青森にあったのですね。そして、今もその密接な関係はより深いものとなりながら、続いています。

低コストで高純度、安全性の高い「あおもりPG」の認証マークが付いている商品かどうか…
これからは、マークをチェックしてしまいそうですね。

投稿日:

Copyright© プロテオNAVI|効果を感じるプロテオグリカンを一挙に紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.