膝の痛みの原因と関連する病気をまとめました

膝は体の中でも動かす頻度が高い部位であり、その分関節の摩耗や劣化が早く、痛みが出やすい場所です。年を取ると膝が痛みだすとはよく言われますが、若い方でも膝が痛み、歩くことも辛いと言う方は非常に多いです。

何故年代が大きく異なるのに、同じような膝の痛みを抱えてしまうのでしょうか。この記事では、膝の痛みの原因と、そこから繋がりうる病気についてご紹介いたします。

膝の痛みが発生する原因一覧

膝の痛みは、大きく分けて4つの原因が挙げられます。

・突然の怪我による損傷
・スポーツなどで、一定の部位に負荷が掛かっている
・日常生活や加齢による関節の劣化
・風邪や病気によるもの

上記の二つは、スポーツを行う方から見ると心当たりがある場合が多いはずです。骨折や捻挫が突然のケガに当てはまり「スポーツ外傷」と呼ばれます。そして下半身に一定の負荷を掛けているスポーツ(マラソンや登山)が原因の痛みは「スポーツ障害」と呼びます。スポーツにより負傷した膝は酷使せず安静にすることが私達にできる有効な治療法です。回復が遅いと感じたら、整形外科を受診してください。

今回は、日常生活・加齢が主な原因となる膝の痛みや、そこから繋がる病気について深くご紹介いたします。

加齢が原因で起こる膝の痛み

関節に水が溜まる」という話は、どこかで聞いたことがないでしょうか。あれこそが加齢が原因で起こる膝の痛みであり「関節水症」と呼ばれる症状です。

突然膝に強い痛みが走ったり、なんとなく膝がだるかったり腫れていると思ったら、それは要注意です。膝の皿部分を押したときに柔らかかったり、異物感を感じたならば関節水症に当てはまりますので、ご自分でチェックしてみてください。

 

原因は、長年にわたりすり減った軟骨や骨のカスが、関節を守る部分を傷つけ炎症を起こしていることにあります。ほとんどの場合は加齢による摩耗ですので、誰もが起こりうる病気です。

関節水症になってしまうと病院での治療が必要になりますので、疑いがあるようでしたら早めに整形外科に行きましょう。水や血が溜まっているため病院で抜きますが、放置するとどんどん悪化していきます。

 

膝の痛みのほとんどはコレが原因!?

階段を上ると膝がズキンと痛くなって、走ることなんてもってのほか。これらの症状は加齢が原因であり「変形性膝関節症」に当てはまります。

長年使ってきた膝にダメージが蓄積されていたり、膝のクッションがすり減っている状態になっているため起こる症状です。この時、体内で摩耗した欠片が運悪く関節を傷つけてしまうと、先ほどの関節水症まで広がってしまう恐れもあります。

外傷や別の病気で起きた炎症の後遺症として発症することもありますが、主な原因は「加齢・肥満」の二つになります。減量を視野に入れると症状も改善しますので、肥満気味と思われている方はこの機会に簡単なダイエットから挑戦すると良いでしょう。

膝には体重の3倍の負担がかかっていますので、数㎏の体重の変化でも、膝に痛みが出ることも十分考えられます。肥満状態は、変形性膝関節症になるリスクが通常の約4倍に跳ね上がりますので、注意してください。

症状が軽い状態でしたら薬で改善する場合がほとんどです。しかし、放っておき過ぎて痛みに耐えられない状態にまでなってしまうと、手術でないと治せない場合もあります。原因のない膝の痛みは、酷くなる前に受診しましょう。

日常生活で発生する膝の痛み

特にスポーツなど取り組んでおらず、加齢と呼ばれる歳でも肥満気味でもない。それでもなぜか膝が痛む方は、自身の生活習慣が痛みの原因となっている場合も考えられます。

 

О脚やX脚で掛かる関節への負担

О脚・X脚は自覚症状がない場合が多いですが、実は膝の痛みとも深く関係しているのです。

O脚の場合は膝の内側が、X脚である場合は膝の外側に痛みが発生します。どちらも骨格が歪んでいる状態でありますので、この二つが原因である場合は、骨の歪みを直す必要があります。どちらも姿勢の悪さが原因である場合がほとんどですので、日ごろから姿勢を正すよう心がけ、なかなか良くならないようでしたら整体に通うことをおすすめします。

 

膝に痛みが出るほどの悪い状態が長く続き放置していると、徐々に腰痛や頭痛など体全体に影響が出ることもあります。もしX脚ならば、外反母趾になる可能性も格段に上がるので、早急に改善する必要があります。

 

膝の痛みが全身に回っている?

最初は膝の痛みだけだったのに、徐々に全身に痛みが巡っていく病気があります。

・朝起きたら手が上手く動かなくなっている

・膝の痛みが別の場所に行ったように痛くなる

・動かさなくても関節が痛い

これらの症状に思い当たる節がある場合は、早急に病院に行くこと推奨します。「関節リウマチ」である可能性があり、放置すると日常生活でも介助が必要になるほど痛みが強く、最終的には関節が破壊されてしまいます。

関節リウマチとは、関節を異常なものだと体が勘違いして攻撃するために起こる症状であり、免疫の異常による病気です。原因がまだ解明されていない、本当に恐ろしい病気ですが、予防・対策法はありますので治療することは可能です。

 

ただの関節水症や変形性膝関節症だと思ったら、関節リウマチである場合も考えられます。膝の痛みを感じた場合は、自分だけで解決しようとしないでください。

膝の痛みを和らげるために

膝に痛みを感じ、歩くことが辛くなってきた場合は、いくつか自分で対策を行いましょう。本来ならば病院に行くことが一番良いのですが、なかなか時間が取れない方は、試してみてください。

・無理して歩かない
・腫れている場合は冷やす
・膝に有効なストレッチを取り入れる

残念ながら、膝の痛みの対策や応急処置は、このような簡単なことしかできません。しかし少しでも膝を休ませたり腫れを冷やすことによって、炎症の進行が遅れたり痛みが和らぎます。軽い症状やどうしても病院に行けない場合には、参考にしていただきたいです。

更に有効な対策を取りたい方には、弱った膝に効くサプリメントがおすすめです。
数年前からグルコサミン系のサプリメントが大々的に取り上げられましたが、現在でも愛飲者は非常に多いです。薬局などの店舗ではもちろん、ネット通販でも様々な種類が取り扱われています。関節を強くするためには、グルコサミンやプロテオグリカンなどの成分が含まれているサプリが有効です。

膝の痛みは我慢しない!

「歳のせいだから仕方ない・・・」と、膝の痛みを我慢して、辛い日常生活を送る方も多くいらっしゃいます。ですが、加齢による膝の痛みならば、放置していても改善することはほとんどありません。我慢を続けていると、気づかぬうちに関節の破損が進行してしまいます。上記のような関節水症や関節リウマチに罹っている可能性も十分にありますので、痛みが長く続くようでしたら、何かしらの対策を取る必要があります。

 

現在では、このようにインターネットで多くの情報を入手できるようになりました。しかしその情報が必ず正しいとは限りません。まだ大丈夫と思い油断していると、手遅れになり手術が必要になることもあります。膝の痛みが長く続いたり、どこにもぶつけていないのに腫れているといった場合には、まず膝のプロである整形外科に受診して、予防対策を取りましょう。

投稿日:

Copyright© プロテオNAVI|効果を感じるプロテオグリカンを一挙に紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.