プロテオグリカンの効果

変形関節症にプロテオグリカンは効果的?

投稿日:

軟骨成分の中でコラーゲンの次に割合を占めるプロテオグリカンですが、以前はあまりにも希少なものであり、一般的に普及していませんでした。

しかし近年鮭の鼻軟骨から抽出できるようになり、一気に普及しその効果も大きく取り上げられるようになりました。

その中でも関節での衝撃を吸収するクッションとしての役割と、関節をスムーズに動かしてくれる潤滑液としての効果が大きく取り上げられています。

では、多くの40代以上の女性を悩ませている、変形関節症に直接効果があるのかどうか?を、その原因からじっくりと見ていきたいと思います。

軟骨を構成する成分に多く含まれているプロテオグリカン

軟骨を構成する成分60~80%は水分です。次がⅡ型コラーゲン、

そしてプロテオグリカンの順に多く含まれています。

軟骨の中をⅡ型コラーゲンは網の目状に広がっています。その隙間を埋めているのがプロテオグリカンです。

プロテオグリカンのとても高い保水力が軟骨の役割に重要な弾力を物理的に与えてくれるのです。

関節が滑らかに動くのは保水力のおかげ


プロテオグリカンは、コンドロイチンにたんぱく質が結合した粘りのあるものです。

これがスポンジのような役目をし、骨液をたっぷりと蓄えているので、関節を滑らかに動かすことができるのです。

変形関節症の原因

変形関節症は加齢、使いすぎ、体重による負荷や外傷などの摩擦により軟骨がすり減って発症し進行します。その原因は、主に次の4つがあげられます。

原因1:軟骨の摩擦による減少
原因2:軟骨の変形、破損
原因3:異所の石灰化から骨棘が形成
原因4:骨膜の炎症や炎症物質の発生

これらの原因によりよってコラーゲンの網の目が壊れ、プロテオグリカンも減少、機能低下してしまうのです。

プロテオグリカンの効果

効果1:軟骨の再生
軟骨の細胞の元になる軟骨前駆細胞というものを増やしてくれます。
つまり、軟骨の減少をくいとめ、細胞が増え軟骨が再生されるので、関節の動きが滑らかになります。
⇒原因1・2の改善効果

効果2:驚異の保水力で痛みを軽減
プロテオグリカンはヒアルロン酸より30%も高い保水力を持っています。60~80%が 水分で形成されている軟骨でこの保水力が威力を発揮します。関節のクッション性を 高め、症状の進行により生じる痛みの緩和も期待できます。⇒原因1・2・4の改善

効果3:石灰化の防止

プロテオグリカンには軟骨の石灰化を防ぐ働きがあります。石灰化から形成された骨 棘が激しい関節の痛みとなります。石灰化を防ぐことによりこの痛みの進行をくい とめてくれます。 ⇒原因3の改善

プロテオグリカンは変形関節症に効果的?

はい。プロテオグリカンは変形関節症に非常に効果的です!

プロテオグリカンの保水力が軟骨成分として関節をスムーズに動かすことに重要な役割を果たしていることがわかりました。

そして、変形関節症の原因である、軟骨の減少、破損、石灰化そして炎症による痛みにその効果が発揮され、変形関節症の予防そして症状の改善、進行の抑制に非常に効果的ということもわかりました。

すでに進行して痛みに悩まされている方、関節に最近少し違和感がある方、まだ正常であるが少し心配な方…など、初期、中期そして進行期とあらゆる段階の方に、プロテオグリカンは効果を発揮してくれます。

-プロテオグリカンの効果

Copyright© 効果を感じるプロテオグリカンサプリを一挙に紹介!|プロテオNAVI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.