雨の日に膝や古傷が痛むのは何で?対策はあるの?

雨の日や台風が近づいている日は、歯が痛くなったり古傷が痛むことがあります。

これは気のせいではなく、医学的に証明されていて「天気痛」「気象病」と言います。

痛いとまではいかないけれど、何か体に違和感を感じることもあり、軽い頭痛や肩こり、古傷が疼くこともあります。

天気痛は、時に仕事や私生活に影響を及ぼすほどの違和感や痛みが現れることもあります。非常に煩わしいですが、天気による痛みはほとんど一過性のものですので、病院に行くまでもないと感じている方も少なくないと思います。

この記事では、なぜ天気が悪いと体に異変が起こるのか、そして天気痛に対して出来る痛みや違和感への対策を詳しくご紹介いたします。

天気による痛みの原因

悪天候の日に傷や弱っている部分が痛む原因には複数の説があり、有力な説は「気圧」「ストレス」により痛みが生じるとするものです。

悪天候である日に古傷や膝が痛むと言われていますが、実は直接天気とは関係なく「気圧」が大きな原因になっています。

気圧の変化が起こることで、体は様々な反応を示します。

  • 炎症物質である「ヒスタミン」の発生
  • むくみの発生
  • むくみにより膨らんだ部分が神経に触れる
  • 交感神経が興奮し、古傷の痛覚が復活

これらが現在有力とされている気圧により体に発生する痛みの原因です。

また、外の圧力から体を守ろうと、自分の体内からも圧を出している状態が頭痛やだるさを発生させることもあります。

低気圧の場合は、外の気圧が低くなるため、体内から押し返す圧の方が強くなってしまい、結果的に身体全体を圧迫して負担がかかる状態となります。

ストレスが原因になっている場合も考えられますが、この場合は悪天候だという事実がストレスであったり、天気を不安に思う際に痛む説ですので、多くの人には当てはまりません。

悪天候であると体調が悪くなる方は、ほとんどの場合気圧が原因となります。

気圧の見極め方としては、高気圧は晴れ、低気圧は雨と、大まかにですが分かりやすく分類できます。

低気圧の場合は雲ができやすい状態であるため、雨も降りやすくなります。

雨=痛みではなく、低気圧により雲が発生しやすい環境=痛みの発生となることを覚えておきましょう。

 

天気痛の影響が出やすい人の特徴

体調が気圧に左右される方は、実は「ある特徴」があるのです。

この特徴は、日本唯一の天気痛専門家である医師が発表した説で、天気痛に悩ませられている方々から大きな共感が寄せられています。

特に姿勢に関しては、悪姿勢の放置は万病の元となる血行不良にも繋がるため注意が必要です。

医師からの意見として、運動不足は痛みの発生の原因の1つでもあるため、有酸素運動を心がけると改善が期待できることも分かっています。

気圧による痛みは、ほとんどの場合は一過性で、長引くことはありません。

外の気圧に合わせるように、体内の圧も変化していきますので、激しく動かず、痛みが治まるまでゆっくりと過ごしましょう。

 

日常で出来る天気痛の対策

影響を受けやすい方からすると非常に厄介な天気痛ですが、いくつか対策もあり、痛みを和らげることができます。

気圧により交感神経が興奮して手術痕や古傷が痛みますが、交感神経と副交感神経のバランスを正常に戻すには、体を十分に休ませることが大切です。

休息と睡眠の両方をしっかり取り、リラックスした状態を作ることが痛みを和らげる1つの方法です。

また、お風呂にゆっくり浸かることも、リラックス効果も高く、血の巡りも良くなるためおすすめです。

同時にストレスにも効果がありますので、体を休める方法はおすすめです。

ただし、痛みが「炎症物質の発生」が原因で起きている際には、逆効果になります。

もしお風呂に入ったことによって痛みがさらにひどくなってしまった場合は、一度病院で受診されることをおすすめします。

忙しく、なかなかまとまった休息が取れない方は、気圧の影響を受けにくくするマッサージを試してみてください。2分あれば十分に行えます。

 

気圧を制するマッサージ

人間の耳の一番奥、内耳には気圧に反応するセンサーがあり、急激な低気圧が来ることで体を巡るリンパ液のスピードや向きに急激な変化が起こることがあります。

リンパ液の状態と体の状態が一致しないことで神経が興奮し、神経を刺激してしまうことで天気痛は発生します。言い換えれば、耳のセンサーが誤反応や過剰反応を起こしている状態です。

対策として、以下の方法で耳のマッサージを行うことをおすすめします。

マッサージのやり方は、まず両側の耳たぶを掴み、外側へ数秒引っ張ります。

少々痛む程度が丁度よく、数回引っ張って戻す動きを続けてください。

次に耳たぶを掴んだまま、前に3回程度ぐるぐる回します。終わったら次は後ろ回しです。

以上を1~2分程度続けましょう。

耳マッサージには血行を良くする効果があり、副交感神経を働かせる作用があります。

これにより自律神経のバランスが整うため、気圧の影響が受けにくくなり、痛みが和らぎ違和感が減少させることができます。

もう一つ、天気痛に効くツボとして「内関」をご紹介します。

耳マッサージと同じくテレビ番組でも紹介されていたため、ご存知の方は多いかもしれません。

本来は胸や胃の不快感、乗り物酔いを解消するつぼですが、乗り物酔いと天気痛の仕組みは非常に似ているため、気圧による体調不良にも効果が期待できます。

内関を少々強めに押すことで、すぐに症状が良くなることもあります。驚くことに、この内関を押しっぱなしにすることが出来る「天気痛ブレス」なる商品も存在します。

シリコンで作られており、酔い止めバンドとしても効果が期待できますので、天気痛や乗り物酔いが酷い方は要チェックです。

耳マッサージとツボ押しは短時間でサッとできるものですので、時間が取れない方も是非試してみてください。

 

膝が痛み歩くのが億劫

膝は非常にダメージを受けやすい場所であり、弱っていると普段は痛まないのに少しの変化で敏感に反応してしまいます。

これは気圧の変化で炎症物質「ヒスタミン」が発生していることが大きな原因になります。

本来は気圧による炎症といっても軽いもので、ほとんど影響はありません。

しかし、膝の軟骨や関節が長年の使用により摩耗した状態だと、膝を守るクッションも弱くなっているため関節や古傷が炎症を重症化させる要因になります。

それに加え、低気圧だと交感神経が優位になり自律神経も乱れた状態になるため、非常に気持ちの悪い痛みに変化します。

対策は、通常の天気痛に対する方法と同じく、患部の血行改善し、良質な睡眠を取ることが重要になります。

ゆっくりお風呂に浸かって、優しくマッサージするとよいでしょう。これで自律神経を整えることができます。

しかし、痛みや炎症が治まっても、膝が弱っていることには変わりありません。

悪天候のたびに膝が痛むのは煩わしいですし、関節や軟骨が不安定ですと、低気圧でない日でも痛みが出て持続する可能性も高いです。

自分の膝に不安がある方には、膝を強くするためのサプリメントをおすすめします。

「グルコサミン」は膝を強くするサプリメントと有名です。

しかし、最近ではグルコサミンのパワーを上回る成分「プロテオグリカン」を使用したサプリが主流となり高い人気を得ています。

グルコサミンもプロテオグリカンも膝の軟骨を強くする主成分に変わりはありません。

ですが、グルコサミンはプロテオグリカンに含まれているごく一部の成分でグルコサミンの上位互換のような成分になります。

プロテオグリカンは軟骨を形成するために重要な成分になりますので、膝に痛みを感じやすい方はサプリメントを一度試していただきたいです。

膝に起こる炎症を和らげるのではなく、膝そのものを強くして、これから自由に歩くための膝を作りましょう。

 

天気痛の痛みは大きく改善できる!

気圧の変化に敏感か鈍感かどうかは、個人差が激しいため、なかなか痛みが人に分かってもらえない時もあると思います。

ですが、無理をして動くと余計に痛みが酷くなることもありますので、そのようなときは無理をせず、マッサージでもしながら休みましょう。

特に膝は痛みやすく厄介な部分ですので、通常の対策にプラスしてサプリメントの力を借りることも効果が期待できる方法の一つです。天気痛は自分の力で改善できますので、これで長い梅雨を乗り切りましょう!

 

投稿日:

Copyright© プロテオNAVI|効果を感じるプロテオグリカンを一挙に紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.