どちらがおすすめ?

プロテオグリカン配合サプリとドリンク どちらをとるべき?

投稿日:

健康業界や美容業界でも注目を浴び、配合した商品が次々と発売されているプロテオグリカン。

プロテオグリカンを配合した商品にはサプリメントやドリンクがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

こちらのページではサプリとドリンク、それぞれのメリット、デメリットをまとめました。

プロテオグリカン配合ドリンクは即効性が期待できる!

 

ドリンクは一般的に吸収性が良いと言えます。

錠剤タイプのサプリメントは口に入れて胃の中で溶けるまで時間がかかります。

成分が同じであれば最終的には同じ効果が得られますが、液体であるドリンクタイプのものならば体に吸収されるスピードが速いため、即効性が期待できます

また、大きな錠剤やカプセルを飲み込むのが苦手な方はドリンクタイプが続けやすいでしょう。

【ドリンクのデメリット】プロテオグリカンが変性している可能性大

ドリンクは飲む際にダイレクトに味を感じますので、好みの味であれば良いのですが苦手な場合は続けることがストレスになってしまいます。

また、より飲みやすい味にするために甘味成分など添加物を大量に加えていることもあり、カロリーも高い傾向にあります。

さらに清涼飲料水であるドリンクは製造過程で熱処理を避けることができず、プロテオグリカンが変性してしまっている可能性があります。

変性したプロテオグリカンは非変性と比較すると体内での吸収効率が下がってしまいます。

ドリンクは錠剤タイプのサプリよりも割高になる傾向があり、コスト面で考えた場合も日常的な摂取よりも即効性を重視した応急処置に向いていると言えるでしょう

【サプリのメリット】いつでもどこでも摂取可能で続けやすい!

サプリメントのメリットは携帯に便利で持ち運びしやすいため、いつでもどこでも摂取可能である点です。

サプリは毎日継続して続けることで効果が得られますのでこの【続けやすさ】は大きな利点です

また、それほど味を感じずに飲めますし、ドリンクとは反対にカロリーも低い傾向にあります。

さらに錠剤タイプのサプリは一日あたりのプロテオグリカン配合量もドリンクと比較して多いです。

非変性プロテオグリカンを配合したサプリならば体内への吸収がスムーズでさらなる効果が期待できます

プロテオグリカン以外にもさまざまな栄養素を配合した製品も多いためコストパフォーマンスも良くなります。

【サプリのデメリット】即効性がないこと

サプリのデメリットは錠剤やカプセルを飲み込むのが苦手な人には向かない点、そして即効性を感じづらい点です。

飲み込むのが苦手な方には飲みやすさを工夫した小粒の商品もありますので、そのような商品を探すのもいいかもしれません。

またプロテオグリカン以外のサプリメントにも言えることですが、「サプリは継続してじっくり続けることで効果を実感できるもの」と考え焦らないことが大切です。

まとめ.根本的な悩み解決には、継続的な摂取が効果的

ドリンクは即効性を期待できる点がメリットですが、根本的な悩みの解決には継続して摂取することが最も効果的です。

コストやカロリー面、持ち運びのしやすさなどを考えると、サプリの方が継続しやすいといえます。

また、現時点ではプロテオグリカンを配合したドリンクは、美容効果を目的とした商品しかありません。 

 プロテオグリカンの質も変性していることが多く、健康問題の対策として利用する場合はサプリによる摂取がおすすめです。

-どちらがおすすめ?

Copyright© 効果を感じるプロテオグリカンサプリを一挙に紹介!|プロテオNAVI , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.